ときの杜YouTubeチャンネル特別連載企画第7弾のお知らせ


言の葉墨彩画家であり、当ときの杜の「ゆめのき保育園」の園長でもある『ひろはまかずとし』がSDGsを題材とし書き下ろした新刊本「地球に恩返し 未来に恩送り」を通し、様々な分野で活躍されている方々と語り合う連載動画。
第7回目のゲストは、蒲郡市生命(いのち)の海科学館の館長 山中敦子さん。
蒲郡市生命(いのち)の海科学館は全長3メートルを超える恐竜の全身化石や、重さ855kgもある隕石などを展示し、多くの標本に触れながら、地球の歴史や生物のうつりかわりを学ぶことができるミュージアムです。
多岐に渡り様々なテーマで対談は行われました。
そして今回、その中から「生かされている」をキーワードに 生命誕生の奇跡や 日常の気付きについてのお二人の対談をお楽しみください。